スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サムライのススメ

デッキタイプとしては環境に食い込みそうな気配がある侍デッキ。今日はそれなりにプレイしたのでなんとなく気付いたことを書いてみようと思います。
 
デッキレシピは暫定的にこんな感じ。
izo.png
ワンショットと場の掃除ができるコントロールデッキみたいなイメージでいいと思います。
 
 
マリガン
先攻軽減ナギ
後攻マーヤで死滅しない1コス2体
 
こんな感じでやってました
後攻はIZOブロナとかハッパアントワとかそんな感じ。
 
 
勝ち方
最終的に侍並べて武蔵ゴリ押し。
軽減IZOまで入れて殺しきれるように序盤数点取りたい。
 
 
 
上記はあくまで理想で、そうできない場合もある。

例えばマリガン
後半になっても先攻軽減ナギ探して何もできないとか笑えないので侍出せてサムライトリガーとかそれこそ後攻用のキープ基準みたいなのも妥協ラインにいれていくのがよさげ。
後攻時も同じで軽減烈火とかも妥協ラインとして視野に入れる。
 
あと武蔵ワンショットだけど必ずしも殺し切れるときにしかやっちゃいけないわけじゃない(理想はそうだけど)
相手のCPや伏せ、ハンドの状況次第で数点残ってもぶん殴りに行く必要が出てくる場面がある。たとえば毘沙門で流されるであろう前のターンとかがそれ。1~2点残るくらいならデッキの武蔵IZO枚数次第で全然やっていい、っていうかやらないとダメっぽい。
極力武蔵乗っけて綺麗に殺せるように序盤うまく動かす。
  
(IZO&イフリート)、ブロウアップ、守り手で自分の場が壊滅、自分が瀕死みたいな状況にならないよう適度に場を操作する必要もある。
序盤は軽減してでも武蔵キルしやすい状況作りに専念して、失ったアドは再臨で取り戻すくらいの気持ちでいた方がいい。
 
 
 
よくあたるデッキとか苦手って言われてるカードに対して
 
・黄単
霧毘沙門はある程度仕方がないから割り切り。烈火ナギ緑不可侵みたいな場をつくってダメージを通さないようにしつつサムライ並べてく。てか烈火が強い。
アントワ守り手は被らない限り毘沙門用に残しておくと武蔵で有利なライフの取り合いできるから、ゲームプランとしてその筋も視野に入れる。
霧毘沙門さえされなければ毘沙門着地させずに大ダメージいれたり、なんなら殺せたりする試合も少なくない。
 
・珍獣
これもブロウとジャンプーにある程度耐性がある烈火中心に場をつくる。性質上サムライのパンチは通りやすいからこっちの4000↑の壁を2体以上残せるようにして数回殴る。あとは武蔵ゴリ押し。
アントワ護り手はブレイブ綾香だとかベリアル(+ダルマ)の時にユニットが全滅するのを防ぐために使う。マーヤさえしっかりブロウだとかイフリートで落としていけば6000(烈火、レベ2イフ)は問題なく残る。
逆に言えばしっかりマーヤ落としていかないと辛いので、軽減してでもイフリートだとかブロウで顔真っ赤除去すべし。
 
・信玄(高BPとかアレキ)
基本的には武蔵前の場でアントワ置いておいて、武蔵ブロウからアントワ破壊で高BPにダメージ護り手で信玄殺害。からのワンショットでおわり。
勝手に致死ライフまでいってくれるから加護が付いたりしない限りただのお客様。ダークマターはやめて!
 
・ハンデス(ポイズンディナーとかずきんとかの顔真っ赤系)
書庫があるのでそれほどきつくないはず。我慢してナギとかIZOイフできれば全然逆転。再臨から一気にリード取る。

 
そのほかにもやってれば気づくことはたくさんあると思うから、一つ一つ覚えつつ、書庫の引き込みでうまく試合全体を作っていきましょう。
 
テンチュー
 
 
 
初日から公開したのは、なんとなくこのタイプが流行る環境は個人的に苦手ではなさそうだからです(^O^)
スポンサーサイト

COJを辞めたくなった時に読んでほしい(B3-4、A5向け)

 
タイトルの通りの記事で、対象は主に絶望しやすいランク(マッチング相手のレベルが大きく変わる)ってだけ。
本当に辞めてしまう時は自然と回数が減っていき、他のことに時間を使うと思う。今回はその前段階、このゲームつまんねえなって思ってしまった場合の話。
 
以前書こうとしていたブレイブドラゴンへの愚痴にもつながってくる内容になるはず。
 
 
 
 
・どこにクソゲーを感じてしまうのか。
 
 
辞めたくなる理由として、なにか理不尽な負け方をして萎えてしまうパターンが多いと思う。
具体的な例を挙げるなら2ch本スレの毘沙門病(毘沙門クソしか言わない)だとか、俺自身がこの環境最初に陥っていたブレイブ病みたいなやつ。
強烈な押し付けだったり特定カードの存在意義を著しく否定してしまうようなカードやコンボを前にこういった状態になりやすい。
 
わかりやすく自分の嵌っていた状況(ブレイブ、クソ)を例に解説してみる。
「何を考えて、何を出しても相手にブレイブドラゴンを出されて盤面半壊、立て直しの最中に追撃のブレベリが現れて押し付けられたままゲームが終わる」
こんな試合が続いてこのゲーム糞だなぁって思ってしまった。
ここで重要なのは{ブレイブドラゴンの強さはCPだとか安定した3000オールっていう存在そのもの}だったりするんだけど、この時はそんなこと考えてもなかったってこと。

ただ意味不明のダサい恐竜が速攻出てきてゲロ吐かれて負ける。

こんな風にしか感じなかったし、深く考える気すら起きなかった。
その要因として対策の難しい速度だったり、受け側に要求される難度だったりっていうのがあるっていうのは置いておいて、「ただゲロ吐かれて負ける」と思ってしまった(そうなってしまう)ことが問題。
細かな理由を理解した上で「強さ」に圧倒されているわけではなくて、ただクソさに轢き殺されてるようにしか感じないつまらなさ。
一度そうなってしまった人間はもう「【進化ユニット:5CP】 攻撃時、相手のユニット全体に3000ダメージ」なんて日本語は読めなくなって、「ゲロを吐いて勝つ」って書いてあるようにしか見えなくなる。そんなんだから、自分で使ってもうまく使えないし、ただただゲームがつまらない。
 
 
きっと2chで言われる毘沙門にしてもそうで、毘沙門病になってしまった人にとって毘沙門は「7コスでお互いの盤面をリセットの進化ユニット」じゃなくて「全部消して勝つ」みたいなカードにしか見えなくなってる。
ブレイブドラゴンにしてもそうだけど、上手いプレイヤーの人たちは最初からその弱点というか小さな穴みたいなものを冷静に理解して「理不尽」よりも「性能が高い」っていう正しい認識ができていた感がある。
 
一部カードの使用を実質的に禁じてしまうような強カードの存在が善とはとても言えないけど、使用可能な状態になってしまった以上は最低限の対策と理解をして受け入れなければいけない。

結局、冷静さを失って考えることをやめてしまった時点でそのゲームはいくらプレイしてもストレスが貯まるだけのゲームになってしまうって話。
毘沙門なら重さ(CP上出せるターンが遅く手札に残りやすい)だとか、自軍も巻き込むので不利な展開以外で強くない(不利な状況をつくってしまうデッキになりがち)みたいな性質がある。ブレイブも同じで、ベリアルと比べて単体で出来る仕事がゴミ掃除しかないことだったり、大量のCPをつかって無防備になりがちだったりと、実はかゆいところに手が届かない。
 
 
 
 
・冷静になった上でどうすればいいのか。
 
 
負け続けるゲームはつまらないという前提のもとでプレイを続けるにあたり、大きく分けて二つの選択肢からどちらかを選ぶことになる。
 
一つが、そのパワーカードを使用してプレイや構築を煮詰める。
そしてもう一つは、なんとかそれに対抗する手段を模索する。
 
自分の中でただの理不尽が「高性能なカード」ってところまで整理できたなら、冷静にこのどちらかを選択するしかない。
どちらも等しくやりがいがある面白いゲームで、どっちを選んだからといって良いも悪いもなければ、優しいも難しいもない。
環境に飽きるっていうレベルまでゲームを消化しない限りはこれらで十分楽しめると思う。
 
 
 
 
・自分なりの目標を立てる。
 
 
こだわりと要求勝率の話をしてみる。

こだわりを持つこと自体はいいことだと思うけど、それと釣り合わない結果を要求するのは間違い。
「俺はSRなんか使わないでも勝ってやるんだ」みたいに思うのは勝手だけど、それで勝ち越しだとかを望んだ挙句、叶わないと「クソゲ」みたいな言い方はまずいって話。
これは結構極端な例だけど、なにかにこだわり抜くならその中で実現可能な目標を立てて、それ以上を望むべきじゃない。それができなくて嘆くってのはゲームや環境がクソなんじゃなくて、そのこだわりと精神がクソ。
向上心を失うべきではないんだけど、こだわるならどうしても納得しなければいけないラインが必ずある。それを忘れないようにしつつこだわりエンジョイしようねってこと。
 
自分が立てる目標とは関係なくクラス査定ってやつが必要最低勝率っていうを求めてくるんだけど、あまりそれを気にしすぎないのが吉。
こだわって、ここが限界だってラインまできたら無理せずに納得するのがいい。嘆いても意味がない。
 
変わりゆく環境の中で、ランクにこだわるかカードにこだわるかみたいな割り切りは絶対に必要だってのが最近やっと覚えたこと。
 
 

順位だったりランクだったり、わかりやすく言えばAPっていうものにとらわれすぎると必要以上のストレスを抱えてしまう原因になるんじゃないかなぁとランキングダウンし続ける中で思った。
これは上位下位、AランクBランクCランクとか関係ない話で、知り合いの誰かがどうだから~みたいな理由で焦る必要はない。自分なりにエンジョイできる落としどころを探した方が「このゲーム辞めよう」って思いにくくなるはず!
 
 
ブレイブうんこ、死ね。
みたいに言ってた僕も冷静になり、いまでは楽しくプレイしてます。珍獣並べてダルマベリアルドッカーン!!(ジプシー) 

イベントの残骸

恒例になりつつある記念アップ。
イベントモードでまたいろいろデータ屑を生み出してしまったので供養の場として記事を書く。
 
使ってみたかったカードはディオーネとエリゴールで、それ以外は特にこだわりなし。
 
 
・ディオーネ青緑
ディオーネ
 
戦士はディオとクマ子だけ。
やる気ないように見えるけど戦士が弱いしディオーネ使うならこれで十分。BP10000超えてどや顔する必要は全然なくて、安定して7000出せれば問題ないっていう考えで作った系。
赤の焼きだったり黄色の6000ユニットに対してだったり、敵に応じてある程度のBPラインを意識して相手の行動を縛りつつコントロールしたい。
序盤は無理に動かず、終盤安定した盤面を作り続けられるようになってから巻き返すべし。

マリガンは先手クマの後手サーチャーかリバイブ絡めた2体。カブトスカルとか偉い。
使用JKは怒りのフルチャージ。ぶっちゃけなんでもいい。
  
  
・エリゴール
エリゴール
 
こだわりの「裁きのマーヤ」デッキ。
序盤は赤いカードでぶんぶんできたらいいなぁって感じ。
エリゴールの使い道としてはダクアマ用の壁とブロウの的。ボロ雑巾のように使ってやろう。4コスと重いけど出せれば固くて頼れるので、特に武器商人ダクアマあるときは積極的に出す。一度置いとけば相手のパンチ通りにくいしブロウ打ち放題。
CPに余裕が出てた終盤で狙うのは挑発ハデス。赤がいるならブロウも挑発感覚で使えるので盤面逆転させる能力はそこそこ。

マリガンは先攻マコ、後攻サーチャーかリバイブ絡めた1000、3000。
冥界の門とマコ、ヴァイパーの寄せる先を覚えて、その時何(何色)を寄せやすいかとか覚えとくのが重要。
使用JKはトリックフィンガー。ぶっちゃけこれも育てるためだったからなんでもいい。沙夜の全ハンデスとかがいいかも。
  
 
・青単
青単
 
これが自分的に結構いい感じだなって思ったデッキ。青単。
見ての通りのずきんゴリ。衝動とオーバーライドでBPラインを作って守りつつ、押せるときは押し込む。
マジックブックの主な運用は優勢時だと除去回収だったり、書庫の使い回し。少ない枚数での勝負になりやすいから中盤以降余ったCPをうまく使える。劣勢時はダクアマだったり衝動回収あたり。
ちゃんと回せば見た目ほどブレイブに絶望しない。
 
マリガンはつよそうな手札。
JKは怒りのフルチャージ。これは固定で、終盤はさすがにBP不足が深刻なので、ダクアマで自傷しつつ並べゲーしてフルチャージから緩やかに押し込む。焼かれないマッドシスターが地味に強い。 
 
 
・青黄突撃
金玉突撃
 
今日組んだ系。
見ての通りのデッキなんだけど結構たのしい。金玉毘沙門からCP足りなくても光明回してる間に勝手に軽減テイマーとか霧テイマーでCP増えて突撃始まる。
普通に霧テイマーからアリエ突撃でもいい。
イベントでどや顔するならジョーカーはドリームキャッチャー1択。真面目にやるなら沙夜全ハンデス。
なかなか面白いので試してみて欲しい。
 
 
 
 
こんな感じで適当にいろいろ試して今回もイベント満喫した!
もうすぐ終わっちゃうけど暇な人はイベント駆け込みで試してみてくださいヽ(・∀・)ノ
プロフィール

ヒッキー☆

Author:ヒッキー☆
秋葉原、新宿あたりをウロウロと。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。