虚空への回帰で人身御供をメタる

まずは知らない人も多そうなこのカードの説明から。
虚空への回帰
虚空への回帰
CP0 無色インターセプト
■虚空への回帰
対戦相手の効果によってあなたのユニットが消滅した時、あなたはカードを2枚引く。


前のめりな展開で人身御供にとられるアドバンテージを回復できる消滅の対策カード。
手札補充で再展開が容易になりドローも加速できる。

所謂メタカードの一枚で、今回はこのカードや類似カードを中心に視野の広さとどやプレイについて書いていく。
いま上のカードをみて「人身御供殺せるじゃん!さいつよ!」とか思った人には特に読んでほしい。


1:メタカードを採用する際に考えるべきこと。

メタカードはある一定の動きやデッキに対して有利に動くために採用するもの。
刺されば強いし、それが勝ちにつながることも少なくない。[謀略の祝杯]がその典型。

■謀略の祝杯
対戦相手の効果によってあなたが手札を捨てた時、あなたはカードを3枚引く。


ただ、勿論その働きにはムラがあって極端な話、一度も使えない怖れすらある。謀略の祝杯でいえば、珍獣デッキに当たった場合まず間違いなく発動できずに終わる。引くだけでディスアドバンテージを負うに等しい。

人身御供の採用率や、プロメテウスの存在を考えると虚空への回帰は謀略の祝杯ほど腐りやすくはない。
だからと言って正しく当てられるかというと難しい。珍獣の打つ一枚の人身御供に対して自分の虚空が間に合うかどうかを考えてみるのが分かりやすいはず。
実際当てたとしても増えた選択肢でしっかりと再展開しなくきゃ意味がない上、人身御供の発動タイミングを考えて手札を3枚にしてターンを返さなければならない。ここは結構重要なところ。
メタカードの採用の際に考えるべきなのは、発動チャンスや性質・リターンを含めた環境におけるそのカードの仕事量。


2:メタカードは採用すべきではない。

腐る可能性がある、バランスが崩れる。そういう危険性を持っている時点で本来入れるべきではない。
採用するにしても珍獣に対する弱肉強食など、他デッキに対しても腐る場面が少ないカードかつ決定的な一打になるもの(仕事量が大きいもの)くらいに留めておくべき。
まずはメタカードに頼る前に、他の対応方法がないかどうかを考える。
今回の例、人身御供に関して言えば消滅を対策するという方法ではなく加護で対象に取られなくするというアプローチの方法がある。分かりやすい例を挙げると、エンジェルビルダーは人身御供対策として今も高い採用率になっている。
更に視野を広げたのがユニットを三体以上並べるという手段。残ったユニットの数だけ打点が確定する。この動きを人身御供の対策として使用するなら手札の減らないサーチャーやヴァイパーなどが便利。
対象に取れないカード、並べて損をしないユニットも広い目で見れば人身御供のメタになりえる的な話。

何かを専用カードで対策するよりも前に、丸い選択肢やプレイで対応できないかをまず考えるのが大切。
消滅の面だけで見て虚空への回帰で人身御供を対策するような視野の狭い判断はマッチ制でない一発勝負のカードゲームには向かないと思う。
 
 
3:対策なのかどやプレイなのか

特にあまりカードゲームが上手くない人に多い。対策が対策というよりもただのどやプレイになっているパターン。
虚空への回帰を例に挙げると、人身御供読みで常に手札を3枚残し続けて選択肢が削られているだとか、再展開がしやすいだけで除去されていることに変わりはないだとかそういう話。カッコつけたいだけで中身やリターンの伴わないプレイ。
黄色をうざくて逆転の大竜巻を入れたが他のマッチで一生腐るみたいなのも同じ。
決めたい、やってやりたい、クソなあいつに一泡吹かせたい。こういう気持ちが前に出すぎるとこういう結果になりがち。
あくまでスマートに対策をするのが理想。
 
 
4:視野の広さとどやプレイ

メタカードと対策から触れこんだけど、この話は全般に言えると思う。
抑えきるだけが対策じゃないっていうのは3Tベルゼガー先攻カンナガ-しか言えない人を見てるとよく思う。場で耐えて返す以外にも他の部分で無駄な消費をせずに除去から返していくような見方が必要。
ムカつく挙動を正面だけをみて攻め手を完全に抑えようとすれば、当然崩れた時がゲームの終わり。広い視野でひとつひとつの動きと性質を捉えられたらまた別の対策が出てくるはず。
最終的にライフを0にするか、10T裏でライフを多く持っていれば勝利って部分は常に忘れずに。
先攻2T3Tで4点とられても負けじゃないし、その後の動きをケアできればむしろJKを先撃ちしやすい分戦いやすい場合すらある。視野が狭いとそういう先攻ぶんに対抗できない=死ぬしかないみたいになる。相手の手札消費だとか軽減に使ったカードなんて全く見てない。

 
5:言いたいこと

専用の対策札は必ずしも必要じゃないし、相手の行動を止めることだけが対策じゃないって話。
何というか、いろいろと過剰な対策をしすぎてバランスとパワーが落ちてるデッキをよく見かける。ビルダーには角端、珍獣に弱肉、赤がいるから信玄、ハンデスに単体除去みたいな。
割と感じるのは思考停止してそういう対策札に依存している人間ほど「○○無理」だとかの愚痴が多い。カードやコンボを狭い視野でしか見れてないんだから当然と言えば当然なんだけど。

対策カードに頼ったり、何が無理って話をする前にもう少し頭を柔らかくして考えるべきかなぁと思うことが多い今日この頃。
スポンサーサイト
プロフィール

ヒッキー☆

Author:ヒッキー☆
秋葉原、新宿あたりをウロウロと。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR